貯金箱と紙幣

初心者におすすめの株式とは|事前に知識を身につけておこう

値上がり幅だけではない

女性

株式初心者が購入すべき銘柄は、値段の動きがあまりなく、下落リスクが少ない銘柄です。配当率が高い銘柄などはこれに該当します。購入時のタイミングは、下落しきった底値を超えて上昇するポイントで購入することが理想です。

More Detail

銘柄選びは重要

貯金箱

馴染みのある銘柄を選択

株式は投資の中でも比較的メジャーな取引です。日本の株式は単元制度をとっているため、一株で購入することは基本的にできません。100株単位であれば、100株を購入する事になります。そのため購入資金がある程度必要になることが株式の特徴です。株式取引はチャートの見方やテクニカル要素も必要であるため、ある程度の基礎知識は必要になります。しかし基礎知識を覚えたのちには、実践するのが一番効果的です。実際のお金の動きを見ることで取引のシビアさを実感できるとともに、取引についても勉強することができるのです。初心者が購入すべき株式は自分になじみのある会社をおすすめします。株式の変動は業績予想などにも連動するため馴染みのある会社のほうが動きがわかりやすいからです。

損切価格は購入時に確定

最近では、株式入門に初心者は比較的安く購入できる株を購入することや、優待や配当が高い銘柄を選択する事をしきりにおすすめしている書物もありますが、自分の知らない銘柄では購入後の不安が尽きなくなります。そのため馴染みのある銘柄を見守ることが株式取引を好きになる第一歩にもなるのです。もちろん初心者でも資金があるのであれば、すべての資金を一つの銘柄にするのではなく、複数の銘柄に分けるなど分散投資が基本ですが、それもすべて馴染みの銘柄にすることが大事になります。初心者が陥りやすいリスクは、下落時の対応です。損をしているときに損切りすることは当然ですが、そのタイミングを見失いがちなのです。これを回避するためには、購入時に損切りのタイミングを明確に決め、それを貫くことです。

初めて資産運用をする場合

メガネの男性

資産運用をするとなれば、株式投資やFXが人気です。特に初心者であれば、どちらかを勉強して投資するという方も多いです。その為、投資するものに対して、知識を付けたり銘柄選びなどを勉強すると、安定した収入を得る事が出来ます。

More Detail

運用を上手に行う

グラフ

大きい額の資産運用を一度に行うと、損切を覚えないうちから元本割れになるリスクが高いといわれていますので、絶対に避けてください。少額から株式の運用が可能なので、初心者には初期費用が少なくても始められる資産運用として人気です。

More Detail